初めてのスキーの注意点

初めてのスキーで注意すべきこととは?

初めてのスキーで注意すべきこととは? 初めて「スキーを使用」とスキー場に訪れると一面に広がる銀世界を前に「早く滑りたい」という気持ちが先行しがちですが、いくつか注意すべき点があります。
例えば、リフト降り場やゲレンデの真ん中で立ち止まらないようにしましょう。ほかの方との接触につながる可能性があり危険です。
次に、リフトを揺らしたり、リフトを途中で飛び降りないようにしましょう。ふざけた行為はケガや時には命の危険を招くことになります。
また、スキー場は山の上にあるので天候が変わりやすいのが特徴です。
雪や吹雪になったら寒さ対策のためにニット帽やネックウォーマーなどを持参していくとよいでしょう。
逆に、滑っていて身体が温かく感じることもあるので、そうした場合に脱ぎ着ができるようにあらかじめ重ね着をしておくとよいでしょう。
さらには、スキー場は紫外線の量も多いので、対策としてに日焼け止めクリームを顔などに塗布しておくことやサングラスをもっていくのも忘れないようにしましょう。

買って後悔したスキー用品とは?

買って後悔したスキー用品とは? スキー用ゴーグルを安いものを買うととても後悔します。横から雪は入るし、すぐに曇るしただイライラするし視界が悪なり危ないです。
特に子供に安い余り物商品を買うとサイズのズレや重すぎて取れたりなど危険極まりないです。メーカーは信頼できるものの方がいいです。
またスキー用品ばかり売っているような専門店なら信用できます。板は速さを極めない限り、なんでも変わらないですが、
普通に宿などで安くレンタルできるので下手に安いものを買う必要もありません。宿側としてもレンタル板の不備で責任を負いたくはないのでそれなりのものがあります。
ウエアは寒い、寒くないの問題なので人それぞれでしょう。
やはりスキーは骨折、遭難など危険が付き物なスポーツなので高いものに越したことはありませんまたその道のプロに聞くのもいい方法だと思います。
これからは春スキーの季節ですので雪が柔らかいです。
残雪に足を突っ込み、そのまま骨折などがないよう、安全にウインタースポーツライフをお楽しみください。