スキーのチューンナップのスキルについて

スキー板のチューンナップの内容

スキー板のチューンナップの内容 通常、スキー板の場合はチューンナップと呼ばれていますがわかり易くいうと「板のお手入れ」ということになります。
そのお手入 の内容には役割が2つあり、一つは滑走面を整えることで板の滑りを良くすること、二つ目は使っているうちに削れてしまったエッジの手入れを行いエッジの引っ掛かりを良くすることが主な目的となります。
一つ目の滑走面については、滑走面は使っているうちにデコボコになり、目に見えないレベルでも平らではなくなります。
それにより、雪との抵抗が増えてしまいスキーが滑らなくなってきてしまうのです。
そのため滑走面を薄く削ることで、滑走面を新品のように復活させます。
また、滑走面に大きな傷やへこみがある場合は補修材を使って傷を埋める作業をします。
二つ目のエッジについては、角度によって同じ板でもスキーの操作性に大きな影響を及ぼします。
エッジを自分好みの角度に変えたり、使っているうちに削れてしまいますので、エッジをまた鋭く仕上げていきます。
その他にも板のチューンナッ内容としては、滑走面のクリーニングやワックスをかけたりすることです。

スキーのチューンナップで気を付けたい事

スキーのチューンナップで気を付けたい事 スポーツを長く楽しむためには、道具の手入れやメンテナンスが必要不可欠です。
スキー板にも、定期的にチューンナップというメンテナンスを行う必要です。
しかし、専門的な知識や技術、また道具に機材なども必要となるため自分自身で行うことは難しいでしょう。
そこで、実際にスキーのお店に持ち込んで依頼をすることが必要です。
ですが、実際にお店にチューンナップを依頼する時に気を付けたい事があります。
それはしっかりとしたお店選びをすることです。
一般的な量販店では比較的安価で依頼をすることが出来ますが、常に多くの商品を抱えており、また専門的な技術者も少ないため細部までこだわったメンテナンスをしてもらいにくいといった欠点があります。
自分の理想通りのチューンナップを行ってもらうためには、多少費用がかさんでも専門店に持ち込んで、信頼できる技術者に依頼をする子ことが有効です。
新品同然に生まれ変わったスキー板で、再び快適にスキーを楽しむことが出来ます。