チューンナップを覚えておこう

チューンナップを覚えておこう

チューンナップを覚えておこう これからスキーシーズンというような時に覚えておきたいことがチューンナップです。
スキー板にチューンナップが必要なのかと考えている人もいるかもしれませんが、より楽しむためには必要なことなのです。
基本的な方法がとしては板の裏面が滑走面になるということでソールとエッジに行うことになります。
まずエッジは金属でできていることもあり錆びないようにする必要があります。ソール面にはワックスを塗るなど基本的なメンテナンスをしておくことが必要です。
チューンナップは直進性やカービング時の引っ掛かりなどを抑えることができるのです。
ソール面やエッジには引っかかりがないか確認してきれいにするということがポイントとなります。
カービング時の引っ掛かりはエッジの前や後ろを削って仕上げることになりますが、自分ではうまくできないこともありショップやプロの人に依頼するといいです。
細かいことですが滑りやすくなることでよりスキーを楽しむことができます。

スキーボードを長持ちさせたいなら、チューンナップは必須です

スキーボードを長持ちさせたいなら、チューンナップは必須です 多くのスポーツ用品と同じように、スキーボードにもメンテナンスが必要です。
チューンナップと呼ばれるスキーボードのメンテナンスが、これによりボードを長持ちさせたり、使いやすくなったりするため、スキーを楽しむ人にはこの作業が必須となっています。

このチューンナップには大きな役割が二つあり、まず一つ目は滑走面を整えて滑りをよくするということです。
使っているうちに傷がついたり毛羽立っているボードの表面を薄く削りとって滑らかにします。

もう一つの役割は、エッジを整えてかかりをよくすることです。
使っているうちに欠けたり丸くなってしまったエッジを整えることで操作性をよくします。

チューンナップは自分で行うこともできますが、道具や場所、また技術も必要になるため専門の職人に依頼すると安心です。
また、削るという作業をするため回数には限界があるので注意が必要です。
スキーを安全に楽しむためにも手入れを怠らないようにしましょう。