スキーのチューンナップはお店が良い?

スキーのチューンナップはお店でやってもらうのが良い?

スキーのチューンナップはお店が良い? スキー場で快適にすべるには、スキー板のチューンナップが必要になります。
すべった後でスキー板に生じたキズ、ケバ立ちなどは雪面への抵抗となりますから、日頃からキレイにお手入れしておくことが大切です。
チューンナップを自分でやれば安上がりですが、時間と手間がかかります。
お店に任せれば、短時間で完璧に仕上げてくれますから、時間がない場合は依頼した方がよいのではないでしょうか。
自分でチューンナップしたときと、プロに頼んだ場合とを比較して、後者を利用したときにすべりが明らかに違っているなら、頼んだ方がいいかもしれません。
手入れする道具を揃えるにも、かなりお金がかかります。
費用の問題などもありますから、いつもプロに任せるということでなく、シーズン中は自分で手入れを行って、シーズンが終わったときにプロに頼んでそのまま保管しておけば、スキー板のコンディションを良い状態にしたまま、次のシーズンを迎えることができるでしょう。

初心者に必要なスキーのチューンナップとは?

初心者に必要なスキーのチューンナップとは? スキー用品にはチューンナップが必要ですが高額になることもあります。
従って初心者には普段のお手入れが大事になってきます。
初心者にもできるお手入れは滑走面へのワックスがけです。
滑走面というのは雪と触れる部分のことです。
上級者は滑走面にワックスを塗るにも、温度や雪質を考えながら塗ったり剥がしたりしています。
しかし初心者がそこまでするのは難しいのでスプレーワックスを使いましょう。
スプレーワックスはスポンジ部分を滑走面に押し当てるだけでフッ素入りのワックスが出てきます。
継続時間は半日ほどですが、使用するとよく滑るようになります。
付属のコルクで強めに擦ると、コルクと滑走面との間に摩擦熱が発生して定着しやすくなります。
スキーを楽しんだ後には滑走面の酸化を防ぐためにもワックスをかけましょう。
また錆が出てしまった板には専用の消しゴムを使います。
軽い錆なら消しゴムを平行にして擦るだけで大抵は取り除くことができます。